コロナウイルスが日本でも感染が広がってきそうな勢いです。

うさぎ堂薬局がある京都も中国人観光客で溢れかえっている状況で、
知り合いの飲食店では中国人は出入り禁止となりました。

うさぎ堂薬局は目立たないのですがうちにもマスクを求める中国人がやってきます。

2003年SARS衝動の中で中国で姿を消した生薬があります。
今回のコロナウイルスお広がりの中でも品薄になりそうな生薬が板藍根です。

板藍根(ばんらんこの簡単な情報

基源 : アブラナ科の植物タイセイ、およびホソバタイセイ
成分 : インドール配糖体を主成分、針状結晶やアミノ酸など
薬理 : 抗菌・抗ウイルス作用
免疫増強作用、解熱・抗炎症作用
臨床応用 :上胸部以上の部分に病証が現れた場合
高熱、四肢関節痛、咽頭部の発赤・腫脹・疼痛
呼吸器系の感染症
注意 : 清熱作用が強いので虚弱体質で熱毒のないものは服用できない

SARS流行以降、インフルエンザなど熱を伴う感染症に予防として日本でも板藍根がしれ渡るようにありました。

当時の中国では板藍根入りビールが爆発的に売れたり
お茶やエキス剤のサプリメント
煎じ薬ののどスプレーなどが流行ったそうです。

うさぎ堂薬局では以前より販売しているエキナケアのど飴にも板藍根が入っています。

板藍根だけの飲みやすいサプリメントが注目されています。

板藍根のお茶は苦くて続けられない

キャラメル風味でほんのり甘いので飲みやすくなっています。

受験ジーズン
人混みに出かけるとき
お子様や高齢の方

毎日の元気をキープしたい時い使える

 

お問合せ・セミナー申し込みはこちらから

おすすめの記事