朝からコーヒー飲まないと仕事にならない!
甘いおやつでお腹を満たして仕事を頑張る!

それって毎日毎日体を酷使して自分の人生から幸せを遠ざけていることに気づいている人はどれだけいるでしょうか?

酷い体調でも仕事しなくては💦

はじめは朝1杯のコーヒーで仕事を頑張ることができました。
お昼はお弁当を食べてそれでも満足感が得られません。

近くにパン屋さんがあったので菓子パンと惣菜パンを買ってきて
コンビニコーヒーと共に狂った様に食べる。

すると我慢できない眠気が襲ってきます。

やるべき仕事は全く手につかず同僚の目を盗んでこっそりトイレで寝てしまう…

なんとも長いトイレで、お腹を壊しましたとかなんとか言ってごまかしで、
時間のロスを残業で埋める!

眠気やだるさを抑えるために1杯のコーヒーが午前中には3杯へと増え
とうとうコーヒーを何杯飲んでも体のだるさや、頭がぼーっとした感じが抑えられなくなってきました。

すると仕事でのミスが増え始めます。
(当然のことです)

仕事のミスだけでなく、人間関係も悪化してきます。
仕事ができない、ミスをする、スタッフに迷惑をかける、
負のスパイラルに突入です。

病院に行って検査をしてもどこも悪くないといわれるだけです。

医療関係者であるにも関わらずどう改善すればいいのかわからないのです。
たまたま精神科が隣にあったので、受診という方法も頭をよぎりましたが
それで治った患者さんを見たことがない!

体の中で何がおこっていたのか?

セミナーでもお話ししたことがあります。

あるOLの1週間を取り上げて体で一体何がおこっているのかを詳しく解説しました。

コーヒーを飲んでも、いっぱい食べても食欲は止まらない
体はだるくて動けないし、頭はぼーとしてミスを繰り返す。
こんな人が職場にいれば元気な人からすれば本当に迷惑です。

反対にいつもピリピリして切れやすい上司とかも性格ではなくて症状である場合が多いです。

カフェインで頑張ろうとするのはまずは副腎疲労と考えられます。

カフェインは交感神経を直接刺激するというわけではなく、
副交感神経のスイッチを止めることで結果的に交感神経優位になります。

カフェインで体を動かしている人は見た目からでもわかります。
アドレナリンが結構出てますので切れやすい、ピリピリした空気を漂わしてるとかあります。
アドレナリンが出ているとミスも起こしやすくなります。

本当の元気とは違って嫌な雰囲気を出しているので
ただテンションが高いだけの人といえばわかりやすいでしょう。

朝食はあまり食べたくないので10時過ぎにはお腹が空いてきます。
空腹感をごまかすためにコーヒーや甘いおやつなどが食べたくなります。

この頃にはかなりの低血糖を起こしているので、
カフェインと糖分で血糖値をあげたくなるのです。

ここでカフェインと糖分をとってしまえば血糖値の乱高下が起こり
急に下がった血糖値をあげるためにまたカフェインや糖分が欲しくなります。

血糖値の乱高下でイライラ感や不安感、怒りっぽくなったりメソメソしたり
メンタル症状が出やすくなります。
するとそれを落ち着かせるためにカフェインや糖分にまた手を出してしまいます。

パンや甘いもの、カフェイン飲料で腸内環境もボロボロです。

余計に頭はボーとしてミスも多くなり仕事もはかどりません。

最近では小麦から除草剤が残っているのが見つかったりしています。
乳たんぱくのカゼインが除草剤の成分であるグリフォサートを濃縮して
体に多く取り込みやすくしてしまいます。
コーヒー豆にはカビ毒が多いいですし、
腸内環境をボロボロにしてしまう習慣ばかりです。

多くの病気や不調の根本原因に腸内環境の悪さがあります。

腸内環境にダメージを与えることばかりしていては対象が上がってくす筈はありません。

今、アドバイスをするのなら

とにかく疲れているので休むことが一番です!
休んでいても変わらない場合でしたら

まずは血糖値の乱高下をなくします。

朝起きて食事が取れないのは消化できていないのか?
夜間低血糖でアドレナリンが出て食欲が出ないのか?

その辺の問診をします。

消化できてない場合には消化酵素を足したり、
消化に負担をかけないような献立にする
消化を助ける食材を一緒にとる
とか方法はあります。

夜間低血糖ならば、眠前の捕食の取り方
漢方の助けを借りる
などの方法を提案します。

日中は1日3回の食事の見直しです。

1日5回の食事でも構わないと思います。
子供のおやつの時間くらいに何か食事をとるのですが、
デザート系や惣菜パンではなくてコンビニでいえば
唐揚げや焼き鳥などおかずをとることが大切です。

おにぎりであれば中にシャケやおかかなどたんぱく質の具材を選ぶ!
一口大の大きさのおにぎりであれば周りの目に怯えることも少ないと思います。

夕方などお腹が空いてくるときには晩御飯までの時間があるので
何かしらの捕食を入れたほうが安心です。

ここでほったらかしにしておくと、悲しくなったり、怒りっぽくなったりと
人間関係に大きく影響が出てしまう振る舞いをすることが多くなってしまいます。

血糖値の乱高下は自分の体だけでなく、人間関係まで影響するので要注意です。

介護している人にも同じことが言えます。

患者さん中心に動いているので自分の食事はいつ食べたのかわからないことも多々あるでしょう。

意識的に捕食を取らないと自分のイライラやだるさ(アドレナリン過剰)が患者さんに伝わって
患者さんも落ち着かなくなります。

すると余計な仕事を増やされることにもなります。
警報フェロモンがダダ漏れ状態ですから。

まずは自分の体を第一に考えることが大切です。

職場で捕食が取りにくい人も大勢いるでしょう。
その時はお水の代わりにボーンブロスやお出汁をとって血糖値維持を
心がけるのが良いと思います。

朝、食事が取れない時!
赤ちゃん用のフォローアップミルクを飲むのも一つの方法です。

カゼインを気にするのであればアレルギー用のミルクでいいと思います。

消化吸収の未熟な赤ちゃん用ですので胃腸に負担をかけずに栄養補給ができます。

体が動かない時に難しいこともできませんし、頭もしっかり動かないので理解もできません。

できることは簡単なことからです。

まずはお腹が満たされることから始めましょう

カウンセリングの受付

うさぎ堂薬局では体調のご相談を受けています。

*薬を勧められたけどその前にできることはないか?
*自分なりに栄養を考えているけど本当にこれでいい?
*気分がすぐれないのを改善したい
*病院では異常がないと言われたけど自覚症状は良くない
*薬の副作用が気になる   など

体のこと・心のこと 栄養状態や生活習慣で不調を感じていることは多いです。
その不調はどこからきているのか?
原因を探すお手伝いをしています。

カウンセリングのお申し込みはこちらから!

 

 

 

お問合せ・セミナー申し込みはこちらから

おすすめの記事