今日は奥平先生に呼ばれて懇親会に参加してきました」。

奥平先生といえは「テケじょ」という鉄欠乏症の女性の名ずけ親!

貧血は女性なら一度は経験した事のある症状でしょう。

医療において貧血と診断されない貧血様の症状を持った女性をテケじょと称して
鉄欠乏の子どもはテケこと名ずけ、広く鉄欠乏が浸透する様にと名ずけられたそうです。

そんなお話の中、精神科のDr.ですので薬の話もあったり
自閉症のお話もあったりで濃い時間を過ごせたと思っています。

なぜ、鉄欠乏になるのか?
フェリチン(貯蔵鉄)は高いのも危険!
食事の注意点や
食事の取り方!

たくさんの情報を伝えてられました。

まずは食生活から見直すことが大切!

甘いものや、カゼイン、グルテンをとっていれば
体の炎症は取れませんし、余計にひどくするだけです。

まずは体に悪影響を与えるものをやめる!

そこから必要な物を入れていきましょう!

これから栄養療法がもっと知れ渡ると、不定愁訴で苦しんでいる人の手助けができると信じています。

お問合せ・セミナー申し込みはこちらから

おすすめの記事