今はタピオカブームですが、一時は朝のスムージーが流行りました。

今でも健康のために野菜ジュースやスムージーを愛用している方も多いようです。

ところが、朝に取るのはよくないんです!

紫外線による炎症が起きやすくなります!

摂取してから2時間後から紫外線への反応が始まり
反応時間もかなり長く7時間続きます!

取るなら夜がいいんです。
もしくは徹底的な紫外線予防ですね!

あまり紫外線を予防すると大切なビタミンDの生成に影響が出るのでよくはありません。

アロマでも紫外線に反応するものもあります。
ベルガモット、アンジェリカルート、レモン、グレープフルーツ、オレンジビターなどがあります

このように光毒性を持つ野菜や果物としては
みかん、レモン、オレンジ、レモン、ライム、グレープフルーツ、すだちなどの柑橘系類
セロリ、しそ、三つ葉、パセリ、きゅうり、人参、春菊、パクチー、コリアンダー
クロレラ、ブロッコリーの茎など

ソラレンという成分を含んでいるものになります。

よくスムージーに使われる野菜や果物ばかりです。

スムージーはより多くのソラレンをとってしまいます。
果物、野菜を原型のまま取るのであればソラレンの摂取量も
極端に多くはありませんので心配はないでしょう。

もし、朝のスムージーを習慣にしているのであれば、
日焼け止めなど紫外線対策は必須!

食材にはメリットデメリットあることを忘れないでくださいね!

セミナーのお知らせ!
11月9日土曜日 14:00~16:30
【高タンパク食の罠】
たんぱく質は取らないとメンタルにまで影響してきます。
しかし取りすぎることでデメリットも起こります
ではどのように食事に取り入れて行くのが一番いいのでしょうか?
そんなお話をします。

うさぎ堂薬局にて受講料 11,000円 です!

 

 

 

お問合せ・セミナー申し込みはこちらから

おすすめの記事