先日とある研究会でメラトニンについてもお話しされていました。

メラトニンはただ眠るためのホルモンという認識では恥ずかしい限りです!

最近多いのですが、寝不足になると翌日ついつい食べ過ぎる傾向になってしまいます。

メラトニンに関係しているようで、メラトニンと血糖値は面白い関係にあるようです。

メラトニンってなに?


トリプトファンというアミノ酸から作られる物質で
眠りのホルモンとして知られています。

メラトニンは睡眠だけでなくもっといろんな作用を持っています。

あまり知られてはいませんが、体にとってとっても大切な働きをしています。

眠りにトラブルを抱えていると他にも体に不調が出てくるわけです。

糖代謝に影響

メラトニンはインシュリンによらない糖の調節機能があります。

メラトニンの受容体は体のあらゆる部分に存在します。
肝臓、筋、脳にも存在します。

メラトニンはこれらの器官で直接糖の取り込みを助けるのです。

メラトニンは夜間に多く分泌されるホルモンです。

夜間メラトニンは脳へのグルコースの取り込みを上昇させます。
夜間のインスリンの働きは分泌量を減らして筋へのグルコースの取り込みを抑制します。

結果的にメラトニンの働きを助けるわけです。

夜間高血糖の場合はインスリンでコントロールするのではなく
メラトニンでコントロールできる方が低血糖コントロールもうまくいきそうです。

他にも血糖スパイクを軽減したり、AGEの分解促進、インスリンの糖化を防ぐなどの作用があります。

糖化ストレスを減らすことで結果的にHDLを上昇させる効果もあります。
この作用はメラトニン自体にあるわけではなく、メラトニンの代謝物の作用によるものです。

糖尿病の患者さんは眠りのトラブル起きやすくなることが考えられます。

認知症にも影響してる!

メラトニンには神経細胞を守る作用があります。

βアミロイドに作用してアルツハイマーを予防します。
神経細胞死、脳内の過酸化脂質の生成を抑制します。

アルツハイマー病は人が生き残るために
脳の最低必要な機能を残すために体が反応して起こる病態です。

長年、体に与えてきたストレスや毒素、栄養不足によって引き起こされるわけです。

反対にいえばストレス、毒素、栄養不足を解消すれば回復する余地は残っているのです。

骨にも影響してる!

高齢になれば骨粗鬆症の心配も出てきますが、
メラトニンのは骨吸収のバランスを整える作用があります。

  (骨粗鬆症財団より)

骨芽細胞の分化・成熟を助けるので骨の生成の手助けをします。

骨といえばカルシウムと信じて牛乳やヨーグルトをたくさんとっている人も
多いでしょう。

骨は建物でいえば柱がカルシウム、壁や内装はたんぱく質です。
カルシウムばかりとると柱しかない折れやすい骨になります。

これらの材料を補充した上でのメラトニンは骨密度を増やすのに役立ちます。

メラトニンを取れば解決する?

メラトニンの作用として

・抗酸化作用
・抗酸化酵素の活性化
・神経細胞の修復
・骨粗鬆症の予防
・冠動脈疾患の予防
・乳がん・前立腺がんの予防

夜間のメラトニンの分泌量が少ないと、
血圧を十分に下げられなない、糖尿病のリスクが上がる
など生活習慣病につながることもあります。

メラトニンを取れば全て解決するというわけではありません。

メラトニンをサプリで摂ると悪夢をみたりしてゆっくり眠れないこともあります。

メラトニンはセロトニンより作られます。
セロトニン不足であれば幸福感、満足感がありません。

そのまま眠りにつくと良くない夢をみたりすることがあるからです。
そんな場合にはセロトニンの前駆物質5ーHTPとビタミン・ミネラルを
とった方がいいかもしれません。

医薬品としてメラトニン受容体に作用するラメルテオン(ロゼレム)があります。

これはメラトニンの分泌をあげるのではなく、
全身にあるメラトニン受容体を増やす薬です。

メラトニン自体は増えていないので受容体だけを増やしても
効果につながるのかは疑問です。

ラメルテオンにはメラトニンのような抗酸化作用などはありません。

メラトニンのサプリには海外では有害事象も報告されています。
https://www.fsc.go.jp/fsciis/foodSafetyMaterial/show/syu04920500475

特に薬を飲んでいる場合に要注意です!

薬がメラトニンの分泌を減らすこともあります。
・βブロッカー(心臓・血圧の薬)
・ベンゾジアゼピン系(抗不安薬・眠剤)
・非ステロイド系抗炎症薬(痛み止め・解熱剤)

・カフェイン
・電磁波

夜コーヒーを飲んでも眠れるという場合でも
メラトニンにはいろんな有益な作用があるので
コーヒーなどのカフェイン飲料は飲まない方がいいのではないでしょうか?

ただメラトニンを補給すればいいわけでもなさそうです。
体がメラトニンを産生できるまでサプリの力を借りることも
ダメではないですが、最終的には自力で賛成できる体を目指した方が
将来的な病気のリスクは軽減されるはずです。

メラトニンの原料はトリプトファンですが、
トリプトファンだけをとってもメラトニンができるわけではありません。
メラトニンを合成するためにはビタミンB 群やミネラルSAMEなどいろんな物質を必要としますので
いろんな栄養素が足りないと合成に支障が出てきます。

食事はすべての健康の基本です。
病気を改善するには生活の見直しは必要ですね。

カウンセリングのお知らせ

うさぎ堂薬局では栄養療法のカウンセリングを受け付けています。

どんな物をどのように食べればいいのか?
個人個人の体の調子にあったアドバイスをしています。

現在募集中の講座
9月より毎月第4土曜日開催(全6回)
健康で毎日を充実して過ごすにはどんな生活を送ればいいのか?
具体的な方法を学んでいただける講座です。

 

お問合せ・セミナー申し込みはこちらから

おすすめの記事