今、私の周りには患者さんの健康を多方面から見てくれるDr.がたくさんいらっしゃいます。

数年前にはそんなDr.一人もいませんでした。

それはあたりまでで、自分自身も現代医学がしか目に入っていなかったからです。

現代医学は狭い世界でしかないことに気が付かせてくれたのは現代医学しか信じないDr.でした。

ある朝起き上がろうと思った時、周りがぐるぐる回って立ち上がれませんでした。
こんなにひどいめまいは起こしたことなくて、やっとの思いで立ち上がり仕事に行きました。

早退させてもらいその足で病院に行きました。
そこで言われたのが
「しょぼい三半規管や~」
「めまいが治る薬はない!」

といわれました。確かにめまいの薬はありますが頭痛薬のように飲んで30分もすれば効いてくるなんてことはありません。

めまいで受診する患者さんは薬が効かなくて困っている人がとても多いです。

結局は1か月たっても立ち上がれないくらいのめまいは改善せず…

Dr.に言われて傷ついた自分を持て余していました。

ある本との出会いから中医学のDr.を見つけて1か月で完全にめまいはよくなりました。

漢方薬も飲みましたが、Dr.には薬以外のことをたくさん教えていただきました。

自分の考え方のくせ、病気のとらえ方、なぜ病気という症状が現れるのか?
病気を治すのは薬以外にもたくさんの方法があること。

私だけでなくDr.からの言葉の暴力を受けた患者さんはたくさんいました。
病気になって弱った気持ちに追い打ちをかけるようなことをいうDr.に会ったからこそ、薬や現代医学のDr.が医療のすべてではないことを学びました。

先日の患者さんです。

2か月もの間、抗生物質を飲み続けています。
でも鼻炎は一向に治りません。

薬があってないのではないか?と心配していました。

明らかに他に問題があるのでしょうし、耐性菌もできてしまっているでしょう。
これだけ抗生物質を飲めばまず腸内環境はボロボロになっていてもおかしくありません。

口呼吸も治らない原因の一つでしょう。

少しアドバイスしてみましたが、聞いてはいませんでした。
薬が病気を治すと信じているみたいで、そんな患者さんに何を言っても聞いてもらえないことは、今までの経験からよくわかります。

こういう患者さんはより効果のある薬を求めてDr.ショッピングする場合もあります。

薬以外の医療を知ったおかげで花粉症も治りましたからある意味傷つけられた言葉も役に立ったのかもしれませんね…
♪セミナーのご案内♪
【処方箋の裏側】5月26日(木)
京都駅近郊で薬の処方箋、医療の怖い裏側のお話をします。
ご興味があれば参加してくださいね~
詳細とお申し込みはこちらまで♪

なぜ病気が治らないのか?
病気とも診断されないこの調子の悪さはなに?
我慢や忍耐力がないわけではありません。
病気とは診断されなくてもからだにはしっかり異常があります。

それを心の病と勘違いしてしまうことも多いです。
そんな原因を見つけてみませんか?

まずは無料相談まで♪


栄養外来では生活習慣、食生活など患者さんからじっくりとお話を伺い症状の原因がどこにあるのかを探るカウンセリングを行っています。(有料)

 

お問合せ・セミナー申し込みはこちらから

おすすめの記事