調剤薬局やドラッグストアの薬剤師が親身になって患者さんの相談に乗ってくれると思いますか?

すごく話しをよく聞いてくれて親身になってアドバイスしてくれるわ〜

なんて思っていてもそれは大部分は勘違いです。

いかに薬を飲んでもらえるか?を考えて話していることがほとんどです。

薬剤師のコミニュケーションのスキルとして教えられることの一つがいかに患者さんに自ら薬を飲んでもらえる様に指導するか!

があります。

薬を飲むのが大前提で、副作用があれば違う薬をDr.にお願いするだけです。

例えば血圧が高い患者さんであればガイドラインに沿った薬をいかにチョイスするかがDr.の能力で、その薬をどれだけきっちり飲む様に納得させられるのかが、薬剤師の能力とされています。

血圧を上げている患者さんの背景はどうでも構わないんです。

だから自分をみたくない患者さんには現代医学はもってこいの方法です。

今の生活を変えたくない裏側に隠れている自分の感情や本心に触れられたくない人は病院に通っていればいいと思います。

残念なのか幸いなのかほとんどの病院では根本治療はできません。

患者さんは大切なリピーターですから…

実際に患者さんはお金の元だと豪語するDr.もいるくらいです。

ある患者さんからの問い合わせで薬を使い始めて具合が悪くなりどうすればいいのか薬局に電話がありました。

薬を処方したDr.は休みで相談することもできず、心配なら薬をいったん中止して他にいつもかかっているDr.がいるのでそのDr.に相談するようにと言って電話を切りました。

翌日患者さんから問い合わせがあったことを薬を処方したDr.に伝えたところ、こっぴどく叱られました。

処方に口出しをするな!!! と酷くお怒りです。
もともとDr.には連絡が付かない状態で、薬を止めるかどうかは患者さんの判断に任せました。

それがDr.の逆鱗に触れたわけです。

患者さんが感じている具合の悪さはどうすればよかったのでしょうか?

明らかに併用が禁じられている薬であればDr.も薬剤師の提案を聞き入れてくれます。そうでない場合は無視されることは多々あります。

こんな風にDr.との関係を崩してしまうと薬局としては成り立たなくなってしまうので、いつもDr.のご機嫌をうかがいながら患者さんに健康被害が起こらないように薬を患者さんに渡しています。

ただ、薬を4種類以上同時に服用するのことで体の中で起こっている作用や、どんな副作用が出てくるのかは誰にもわからない未知の世界です。

10種類もの薬を飲んでいる患者さんは本当にたくさんいます。
だんだんと薬は増える傾向にあります。

薬が病気を増やしているようにしか思えません。

Dr.も薬剤師も薬の下僕に成り果てています。

病院に行ったところで病気は治らないのは仕方のないことかもしれません。

薬剤師にきいても薬の真実は教えてくれないことがほとんどです。
なぜなら、薬剤師は薬の力を絶対的に信じているか?
怖くてDr.の言いなりになっているか?

薬の真実は簡単には知ることはできないようになっているんです。
薬の真実を知りたい方は下記のセミナーもしていますので是非聞きに来てくださいね…

♪セミナーのご案内♪
【処方箋の裏側】5月26日(木)
京都駅近郊で薬の処方箋、医療の怖い裏側のお話をします。
ご興味があれば参加してくださいね~
詳細とお申し込みはこちらまで♪

なぜ病気が治らないのか?
病気とも診断されないこの調子の悪さはなに?
我慢や忍耐力がないわけではありません。
病気とは診断されなくてもからだにはしっかり異常があります。

それを心の病と勘違いしてしまうことも多いです。
そんな原因を見つけてみませんか?

まずは無料相談まで♪


栄養外来では生活習慣、食生活など患者さんからじっくりとお話を伺い症状の原因がどこにあるのかを探るカウンセリングを行っています。(有料)

 

お問合せ・セミナー申し込みはこちらから

おすすめの記事