腸の中にはいったいどれくらいの数の菌が住んでいるのでしょうか?
その菌たちのおかげで健康に過ごせることを知っていますか?

image

腸の中は大きな世界

腸内細菌は体の細胞の数60兆個よりも多い100兆個とも言われています。重さにして1〜1.5kgにもなります。地球には約72億の人間が生活していますが腸内細菌は人間とは比べ物にならないくらい多いのです。

地球を遠くからみると、ごにょごにょと人間がうごめくのが見えるのでしょうか?
地球にはたくさんの国があっていろんな人種が住んでいて、まるで腸の中と同じようです。

細菌も人間と同じように同じような仲間同志が集まって大きな国を作り上げています。細菌も領土を増やそうとして日々策略を巡らせているわけです。

大きな勢力をもった菌は強固な国を作り出します。
その国が人間にとって良いものか悪いものかは食べるものや生活環境によって変化します。

誰が天下を取るのか?

人にとっていい菌と言われるものにビフィズス菌や乳酸菌がいます。
赤ちゃんにはこのような菌がたくさん住んでいるのでうんちも黄色くで酸っぱい臭いがします。

赤ちゃんも成長するにつれいろんな食材を食べるようになり人にとっていいとはいえない菌も増えてきます。
お腹の中では領土拡大の世界大戦のはじまりです。

腸内細菌は何をしているの?

腸内細菌はたくさんの仕事をしてくれています。

ビタミンB群の一部は腸の中で菌の助けを借りて作り出します。
人は食物繊維を分解する酵素を持ち合わせていませんがその分解を助けてくれるもの腸内細菌です。

漢方薬の効果もこの腸内細菌の種類によって変わってきます。

腸内細菌がいることで腸管免疫が発達して外から入ってきた病気を引き起こす細菌が増えるのを防いでくれます。

腸内細菌はいいことばかりしてくれるわけではありません。

多くの腸内細菌はどっちつかずの菌で、食生活、ストレス、加齢、病気、薬などいろいろな原因でいい菌になったり悪い菌になったりと日々変化しています。

お蔭様の意味

目にも見えないし存在さえも感じることのできない腸内細菌ですが人はたくさんの恩恵を受け取っています。

見えない恩恵を受けることを”お蔭様”といいます。
人はこの腸内細菌とともに生きて行かなければなりません。

腸内細菌には住みやすい環境を提供しその代わりに大切な栄養素を受け取っています。
反対に食事やストレスで人にとって良くない腸内細菌に棲みやすい環境にしてしまうと人に悪い影響を与えるものを作り出してしまします。

目には見えないし存在すら感じることのできない腸内細菌ですが、多くのお陰様を頂いていることを知っておいて欲しいです。

健康や薬についての疑問や不安にお答えしています。

♥なぜこの薬が必要なのでしょうか?
♥薬を飲むメリット、デメリットは?
♥薬以外に方法はあるの?無料相談では普段知り得ない情報もお伝えしています。

また、病気と診断されない体調不良の改善のお手伝いもしています。

ご相談はこちらまで♪

お問合せ・セミナー申し込みはこちらから

おすすめの記事