大文字山にガイドさんと一緒に登ってきました。

いろんな木の紹介や山の生態系の話しを聞きながら登ります。

img_4713

木は与えられた命を迷うことなく最後まで全うすることに最善の努力をします。

そこまでして生きるのか!というような生き方をします。

例えば、光を求めて枝を伸ばし光が届かない下枝は葉を落として枝も枯らせてしまう…

それは効率よくエネルギーを使うため。

枝を伸ばしすぎて幹を支えられなくなると側にある枝をくっつけて一本の太い幹にして支える。

光が当たらない小さな木は高い木が枯れるまで本来の姿を変えてその時を待つ。

そこである人が言いました。

【そこまでしてなぜ生きようとするのか?】

それは生きるために生まれたことを知っているからじゃないかなと思いました。

人って頭でばっかり考えて、心(魂)が何を求めているのかを忘れてるんだと思います。150705210784_TP_V

自然って生まれた魂のまま生きているから生きる為にはそこまで出来るんでしょうね〜

人だって生まれたときは魂そのものだったはず…

そのうちに感情が生まれ、理屈や常識という鎧に包まれ魂を見失って病気になるんじゃないかなぁ〜

自然の中に行きたくなるのは魂のまま生きているものたちから、本当の自分を思い出すエメッセージ(エネルギー)をもらうためのような気がします。

常識や理屈が自分を生かせてはくれないし、幸せにもしてくれない!

そんな馬鹿げた鎧を脱ぎ捨てさせてくれる自然をもっと身近に味わいたいと感じた山登りでした…

あっ!庭園ってそういう意味もあって造ったのかなぁ〜?img_4723

 

 

セミナーのお知らせ♪
flower_plumeria 10月27日(木)  美と健康のエイジングケアセミナー4大阪
お申し込みはこちらまで♪

flower_plumeria 11月24日(木) 美と健康のエイジングケアセミナー5   京都                   お申し込みはこちらまで

 

男と女のセミナー
12月4日(日)11:00〜15:30 京都市内
お問合せ・セミナー申し込みはこちらから

おすすめの記事