これだけネットでいろんなことを調べられるのにテレビや雑誌だけの情報を鵜呑みにするのはなぜなんでしょうね〜?

患者さんのいうことは信用できない!
患者さんのいう普通は医療者の考える普通とは違う!

と教えてもらいました。

患者さんと話をしていると本当にそう思います(笑)

フラフラするのは思春期だから当たり前って思っているお母さんがいました。

食事の内容を聞くと
朝はヨーグルトに果物
昼はお弁当(手作り)
夜は煮物とお味噌汁とおひたしと少しの肉か魚

完全に栄養不足

貧血もきついしタンパク質まったく足りていない

これが思春期の食事なんて、フラフラするのは当たり前!

めまいが起こっているのかと耳鼻科受診しても異常なし
起立性低血圧とか心の問題として片付けられるパターン

がっつり食べています!!!image

何を?

おうどんにご飯です!

関西独特の炭水化物重ねた食事で
夕方にはしんどくて
コーヒーは欠かせません!

成長期にタンパク質が足りないのはかなり辛いですね〜

タンパク質も消化できない体のようで、ここにプロテイン入れて運動して…
血糖スパイクも大きく低血糖の時間も長い…

とにかく消化を助けながらタンパク質を取る方法を教えて、食事内容をガラッと変えてもらうようにしました。

診察室入った時から嫌だな〜って思う感じがしてた…

胸鎖乳突筋が!!!

アドレナリンが!!!

除霊スプレー持っていくのを忘れてほんとうに後悔しました…

やっぱり持ち歩かないと反省です!

カロリー神話はまだまだ根強く残っています。

食事はカロリーではなくて栄養を摂ることが大切なんですから〜

お問合せ・セミナー申し込みはこちらから

おすすめの記事