葉酸が認知症に予防に効果がある!

なんて番組がありました某テレビ局でありました。
確かに葉酸ってすごく大切なんです。

単純にとればいいというものではありません。

葉酸は妊婦に必要な栄養素として有名です。
二分脊椎症を防ぐために妊娠中の葉酸サプリの摂取を推奨されています。

実はこれが栄養学の世界では大きな問題になっています。

葉酸には種類がある

葉酸には種類があることはほとんど知られていません。

英語では

・Folic acid
・Folate

と使い分けられていますが、日本語に訳すとどちらも葉酸となってしまいました。

 

Folic acid はそのままでは利用できないタイプのもので、

Folate は利用しやすいタイプのものです。

区別をするためにFolic acid は葉酸、Folate は葉酸塩とします。

食べ物の中に含まれる葉酸は利用されやすいタイプのものになります。

反対にサプリメントに入っている葉酸は利用されにくいものです。

日本では法律によって利用されやすいタイプの葉酸はサプリメントとして

販売することはできません。

ですので日本のサプメントは葉酸はすべて利用されにく葉酸です。

葉酸サプリの問題点

体で利用されにくいとはどういた意味を持つのでしょうか?
葉酸はなぜ必要なのかを知っておく必要があります。

葉酸は最終的にメチレーション回路を回すために必要な栄養素です。

メチレーション回路は体のなかでどのような働きをしているのかというと、

・解毒

・DNA・RNAの産生

・ドーパミンの産生

・動脈硬化の予防(ホモシステイン)

・ガンの予防

・免疫調整

 

と、体の重要な働きに関わってきます。

この重要な葉酸ですが、Folic acid の形で摂った場合に遺伝子の問題で活性型の葉酸(葉酸塩)にうまく変換できない人がいます。

日本人では40%〜60%の人がこの遺伝子に問題を抱えています。

摂取した葉酸を利用できる形にうまく変換できる人はFolic acid をサプリメントとして摂るのは問題ありません。

遺伝子検査で調べることは可能ですが、かなりの費用はかかります。

この遺伝子に問題がある人がサプリメントでFolic acid 摂ると問題がおこってきます。

本来は死産や神経管異常で生まれてくるはずの赤ちゃんが普通に産まれてくるようになりました。

葉酸をうまく利用できない(活性化ができない)遺伝子を持つ赤ちゃんの出生率が上がってしまったんです。

うまく活性型葉酸に変換できなくて余ったFolic acid は活性型葉酸(Folate)の働きを邪魔してしまうこともわかっています。

活性型の葉酸に変換できないとメチレーションがうまく回らないためにいろんな病気の原因になってきます。

【自閉症が増えたのは未代謝の葉酸サプリ】とまでいう海外のDr.もいうほど、葉酸サプリは問題があります。

葉酸は体に必要です

自閉症の問題は日本でも広がってきています。

自閉症ではこのメチレーションがうまく回っていない人が98%にものぼります。

自閉症だけでなく、ガンの発症や心疾患に関係していますし、

身近なところでは体に入ってきた有害物、薬の解毒にもかかわってきます。

サプリメントで摂ることはとても簡単ですが、遺伝子に問題があるかどうかはわからないので、安心な方法で摂ることが大切です。

葉酸の摂り方

日本で販売されているサプメントは活性を持たない葉酸ですので取らない方が安心です。(遺伝子に問題がなければ大丈夫なんですけど…)

海外のサプリメントの中には活性型の葉酸がありますので
それを使ってみるのも一つの方法です。

食べ物からとることが一番身近で実践しやすいのではないでしょうか?

葉酸を多く含む食材としては緑の野菜、
例えばほうれん草やブロッコリー
レバーにも多く含まれます。
納豆や焼き海苔も多くふくまれます。

ここで注意すべき点があります。

ほうれん草はシュウ酸を多く含みます。

ふつう、シュウ酸を取り除くために下ゆでをします。

それと同時に葉酸も少しは溶け出して少しは失われてしまいますが、
シュウ酸の害を考えると必ず下準備はしてください。

野菜の下準備にはこのような意味もありますのでぜひ実践してください。

焼き海苔に関しては酸処理剤や農薬のようなものが使われていますので、
使っていないものを選ぶ必要があります。(解毒回路を回すためには葉酸が必要になるため)

納豆は胃酸の出が悪い人や制酸剤を飲んでいる人にとってはうまく消化できないので、消化を助けるものが必要となってきます。

酸性の食品、梅干しや酢の物と一緒にとることがオススメです。

高齢者の多くや、逆流性食道炎の患者さんは胃酸が少ないので葉酸だけでなく消化能力が格段に落ちているので注意が必要です。

他に、胃酸が少ない状態はビタミンB12の吸収もうまくできなくします。

B12が少ないとせっかくの葉酸もうまく利用できませんので注意が必要です。

このように胃酸が少ない状態というのは体にとってかなり問題があります。

胃酸抑制剤を服用中の患者さんはこれからの健康に影響が出てくる心配があるのです。

まとめ

体にいい食材やサプリメントを積極的にとっていても個人の体の状態によってはまったく利用できてなかったり、かえって体によくない場合もあります。

健康情報が全ての人に合うわけではないのは個人の体の状態によるためです。

胃酸が少ない人は補うような食事の取り方が必要になりますし、
食材に良くない成分が含まれているなら取り除いたりすることも大切です。

葉酸についても同じことが言えます。

健康情報ではここまで詳しくは解説していません。

今はインターネットが普及してるので調べることは難しくなくなりました。

プラスの情報だけを鵜呑みにしないでマイナス情報を検索して総合的に判断知ればほんの少しでも危険を回避できます。

葉酸はサプリメントではなくできるだけ食材からとるのが安心です。

 

お問合せ・セミナー申し込みはこちらから

おすすめの記事