bsPAK86_torinosuakashiro20130825 - コピー年末年始はお酒を飲む機会が格段に増える季節です。翌日二日酔いで仕事にならないなんて社会人としてどうか?なんて思われたくないものです。

そこで二日酔いにならないように楽しくお酒を飲む方法をご紹介しましょう。

二日酔い酔いってどんな状態?

お酒=アルコールと考えます。アルコールが体に入ると血液中を巡り始めます。

最終的に肝臓で分解され水と炭酸ガスになるのですが、最後まできちんと分解されないとアセトアルデヒドという物質が溜まります。これが頭痛や吐き気など二日酔いの原因となってしまいます。

このアセトアルデヒドが体にたまらないように水と炭酸ガスにまで分解できれば二日酔いにならないわけです。

二日酔い防止のドリンクは?

お酒を飲む前や後にドリンク剤を買っておく場合も多いでしょうが、果たして効果はどうなんでしょうか?

二日酔いの原因はアセトアルデヒドがたまることでした。アセトアルデヒドを早く分解してあげるために必要なものはドリンク剤では補給しきれません。

アルコール代謝に必要ものはビタミンとミネラルです。

特にビタミンB群は絶対必要なものです。

アルコールを早く体から追い出す時に必要となるのはビタミンとミネラルですから二日酔い予防にはそれを十分に補給しであげればいいのです。

ドリンク剤のビタミンで絶対量が足りません。錠剤のビタミンB群をお酒を飲む前に飲んでおきます。
お酒を飲み終わった後にももう一度飲んでおきます。
飲む分量はちょっと裏技もあります。

ビタミンの錠剤はアルコールの分解を助けてくれるのでお酒の抜け具合が違ってきます。

他にもお肌のためにとの宣伝文句で販売されているビタミン剤があります。
その成分のひとつにアミノ酸のシステインがあります。
このシステインは二日酔いの原因であるアセトアルデヒドの分解をサポートする役割があります。

お肌に良いだけでなく肝臓のサポートもしてくれるビタミンを積極的にとることが二日酔いの予防に繋がります。

この季節限定で毎日ビタミン、ミネラルを補給しておくのも効果あります。

その他の予防法は?

お酒を飲むときの一般的な注意としてはよく知られていることと思います。

空腹時に一気に飲むのは避けた方がいいでしょう
⇒一気にアルコールが吸収するのを防ぐため
おつまみを一緒に摂りましょう
⇒胃の中にアルコールの滞在時間を長くするため

もちろんこれらもしっかり頭に入れておいしいお酒を楽しむようにしたいですね。

精神科に行こうと思ったり精神科にいきなさいといわれた時、
もう一度考えてください”本当に心の病気ですか?”

♥取れない疲れ
♥無気力
♥不眠
♥イライラ
♥アレルギーがきつい

病気と診断されない体調不良は心の病気とは限りません。

まずは無料相談まで♪

 

お問合せ・セミナー申し込みはこちらから

おすすめの記事