「この子は体力がないわ…」

自分も体が重くて動かないし、やる気も出ない…
子供の心配している場合ではないと思う事はありませんか?

それは病院に行っても異常なしといわれて終わるパターンではないでしょうか。
体に何かが足りていなかったり、多かったり…

そんな原因を栄養フォローで改善することも出来るのです。

bsAL202syazai220140830165542 - コピー

だるさの原因は⁈

  • 体がだるくて重い
  • 朝起きるのが辛い
  • 頭にもやがかかった感じがする
  • やる気が起きない
  • いつもゴロゴロしていたい

まるで怠けているだけにみえるこの症状は病気とは決して診断されませんが、れっきとした病気の手前の症状です。これをほっておくといずれは生活習慣病や心の病気など正しい病気として診断がつくようになります。

原因として考えられるのは副腎機能の低下かもしれません。
他には貧血や低血糖も考えられます。

そもそも栄養状態が悪いことから始まります。

現代の栄養失調

昔は食べ物がなくて栄養失調になることがありましたが、現代でも形を変えて栄養失調が広がっています。

現代の栄養失調とはどんなものでしょうか?

  • 好きなものを食べ過ぎる。
  • カロリーは取れているのにタンパク質や良質な脂質、ビタミンミネラルが取れていない。
  • 身体にいいと思い込んで実践している食事法
  • バランスの良い食事をとっているつもりでも吸収できない体になっている状態

手軽にいつでも食べ物が手に入る社会では好きな時に好きなように食べることができます。

大人だけでなくコンビニの外で群がる子供たちもよく見かけます。

栄養失調の蔓延

原因不明の疲れやだるさの原因のひとつが現代の栄養失調です。

糖尿病の食事指導でも栄養の内容ではなくてカロリー重視の考え方になっています。
タンパク質は体の材料になり、脂質はホルモンの材料やエネルギーの元になります。
炭水化物はすぐに利用するためのエネルギーの元になり、それらを体の中で有効利用するためにビタミンやミネラルが必要になります。

お腹を満たすだけを考えると、おにぎりやサンドイッチに手が伸びますがこれでは体の機能を守るだけの栄養を取るには程遠いものになります。

お腹は満たされても細胞は飢餓状態で、これでは動きたくても動けない体であるのは当たり前のことです。

食事はきっちりしていても消化吸収できない体では栄養失調になってしまします。

身体がだるい、疲れが取れない、気持ちが落ち込む

そんな症状が現れた時にはまず正しい栄養が取れているか、食事を見直すことが大切です。

 

健康や薬についての疑問や不安にお答えしています。

♥なぜこの薬が必要なのでしょうか?
♥薬を飲むメリット、デメリットは?
♥薬以外に方法はあるの?

普段知り得ない情報もお伝えしています。

また、病気と診断されない体調不良の改善のお手伝いもしています。

まずは無料相談まで♪

お問合せ・セミナー申し込みはこちらから

おすすめの記事