風邪の季節になってきました。薬の出番も出てきます。その薬について知っておいた方がいいことをお伝えしようとおもいます。

image

 薬の成分はなに?

薬の中には有効成分と薬を固めるための物質が入っています。薬の中の有効成分ですが、かなりの差はありますが少ないものであればたったの0.03%しか入っていません。
錠剤はもちろん大きさにもよりますが1錠はとても軽く、大きくて飲めそうもない錠剤でも1gには届きません~約0.7g程度~大体が0.1g未満です。
薬の有効成分は1錠中に、少ないものですと百万分の1gしか含まれていません。
その大部分がでんぷんであったり乳糖であったり保存料で出来ています。
余談ですが1錠中の薬の主成分はこんなにわずかなのに効果があるなんて凄くないですか?
一粒の力に感動してしまいます(^^;;
薬の効果もさる事ながら添加物の多さにもびっくりします。
 ほぼ添加物で出来ています。
サプリメントも同じで、医薬品ほど厳しいデータが必要ではないので表示に疑問があるものも多く見られます。

薬の副作用の原因は?

 私個人の考えですが、薬には必ずと言って良いほど胃腸障害という副作用があります。
これは薬の添加物の可能性が大きく関わっているのでは⁉️と思っています。
日本人は乳糖が体にあわない人が多数いるようです。
牛乳を飲むとお腹がぐるぐるするという状態です。
乳糖のタンパク質のカゼインもアレルギーを起こしやすくリーキーガット症候群の原因のひとつと考えられています。
LGS(リーキーガット症候群)は免疫力の低下をはじめとして不定愁訴と言われる様々な不調の原因になることもわかっています。
これらのことからも錠剤の添加物に多く使われている乳糖についても考える必要があるかもしれません。

ビックリするような添加物

経皮毒として有名な防腐剤のパラベンですが、水薬の中に防腐剤として入れられています。
これだけでも胃腸障害がおこりやすくなるのではないかと考えられます。
着色剤も使いたい放題。毒々しい色のカプセルも多数あります。
薬の使用期限は3年~5年くらいあります。それほど長く保管するのであれば防腐剤もしっかり入れる必要が出てくるのでしょう。
少しの薬効成分に大量の添加物が入っている薬です。
添加物の影響も薬の作用のひとつとして見ておく必要があるのかもしれません。
乳糖のカゼインやでんぷんやゼラチンなどにアレルギーを持っている場合は薬を飲むにしても食品表示のように確認は絶対に必要です。

健康や薬についての疑問や不安にお答えしています。

♥なぜこの薬が必要なのでしょうか?
♥薬を飲むメリット、デメリットは?
♥薬以外に方法はあるの?

普段知り得ない情報もお伝えしています。

また、病気と診断されない体調不良の改善のお手伝いもしています。

まずは無料相談まで♪

お問合せ・セミナー申し込みはこちらから

おすすめの記事