糖尿病で甘いものを食べることは病気にとってどうなんでしょうか?
病院で甘いものをとらないようにと注意されていない糖尿病患者さんが多いことに驚かされます。image

病院の食事指導って??

病院でどのような食事指導があるのかは良くわかりませんが、糖尿病の患者さんに甘いおやつを食べると血糖値が上がりますとかHba1cが上がるとか注意されたことがないと聞くことが多くあります。

当たり前すぎて説明しないのでしょうか…

今日も糖尿病で勘違い食事療法を実践していた患者さんが来られました。
病院では食事指導は希望性なんでしょうか?
自己流の食事をしている患者さんばかりで驚かされます。

本来はコーラが好きな患者さんですが糖尿には良くないのでコーヒー、紅茶、緑茶を飲んでいました。
それも大量に…

カロリーだけで考えると確かにそういう選択肢になるのかもしれませんが、血糖値上げるという意味ではどちらも同じです。

テレビの報道でもありましたがコーヒーは健康にいいと言われます。
体にいいと言われる成分を効果があるだけ取ろうとすればそれ以上に有害な成分をとりすぎてしまうことには、目が向いていません。

薬だけで血糖値を下げるのも限界があります。

日々の食事はとても大切になります。

糖尿病に良くないこととは?

甘いものはまず食べない方がいいでしょう。
皆さん知らないようなのであえていいます。
ジュースはもちろんスポーツドリンク、エナジードリンクもいけません。

血糖値を上げやすいのは炭水化物です。
ごはん、パン、麺類、イモ類、根菜類

肝臓の働きが弱っている人も要注意です。
筋肉が少ない人も薬の効果がうまく出ないことがあります。

食事や体の状態によって薬の効きめの大きく左右されてしまうのです。

何もしないで薬だけで何とかしようとするのはかなり無理があるということがわかるでしょう。

病気は薬だけでは治らない…

今の生活習慣を維持しながら薬だけで何とか病気を良くしようと思っている患者さんが多くいます。
確かに薬で血糖値は下がってくるのですがそれは力ずくでやっていることです。

力ずくで行うことはどんな場合でもどこかにひずみが起きてきます。
そのひずみはどんな形で現れるのかは個人の体によって違いますが、いずれは何らかの形となって現れてきます。

それが何年先かはわかりませんし、一生現れないかもしれません。

病気の現れ方は本当に個人差が大きいですし、生まれつき持った臓器の忍耐力はみんな違います。
取り換えのきかない自分の体です。
大切にしてあげましょう。

 

 

お問合せ・セミナー申し込みはこちらから

おすすめの記事