先日エナジードリンクで死亡された方のニュースが話題になっていました。
エナジードリンクの中のカフェインの過剰摂取が原因でした。
カフェインは多くの飲み物や薬に入っているために知らず知らずに過剰に摂ってしまいがちです。
カフェインはどんなものに入っているのでしょうか?image

栄養ドリンクに入っているカフェイン!

最近ではコンビニでも売っている栄養ドリンクですが、安いものでは1本あたり60円程度でおにぎり買うより安いのです。
その中味とは栄養成分のビタミン類はほとんどなく、砂糖類とカフェインです。
1本100mlのドリンクに含まれるカフェインは約コーヒー一杯分50mg
栄養となりうるビタミン類は1700mg程度
単純計算1ml=1gとすると98%は糖類とアルコールと添加物でできています。
カフェインと糖類とアルコールで一気に血糖値を上げて元気になった気にするわけです。
エナジードリンクにはこれ以上のカフェインが含まれています。
何本も飲んでしまうと一日の許容量をあっという間に超えてしまいます。

薬に含まれるカフェイン

鎮痛剤にカフェインが含まれていることが多いです。

鎮痛剤とドリンク剤を一緒に飲むことはあまり考えられませんが、ドリンク剤の中に含まれるアルコールとの相乗効果で効き目が増加することがあります。
風邪薬とドリンク剤を一緒に飲む場合はとても多いでしょう。
ドリンク剤と風邪薬はお互いにパワーアップして風邪薬の副作用を大きくしてしまいます。
血糖値の上昇や肝臓、腎臓のダメージ、
粘膜のただれ、など取り返しのつかないことが起きる場合もあります。
エナジードリンクのように騒がれませんでしたが風邪薬だけでも死亡例が出ています。

真実は話さない!

 エナジードリンクはジュースやお茶を買う感覚と同じでしたから危険なことを誰から注意を受けることはありませんでした。
ドリンク剤と風邪薬を一緒に飲むことも薬剤師は注意しないことが多いです。
その理由は売上のためです。
心ある薬剤師であればせめてドリンク剤と風邪薬は時間をあけて飲むように言ってくれるでしょう。
お客さんもドリンク剤と一緒に飲むことが早く治ると思い込んでいる場合も多いですから、危険なことを理解してもらえないことも多々あります。
エナジードリンクでも栄養ドリンクでも飲めば元気になった気がします。
でも考えてみてください。
覚せい剤も同じように使いませんか?
元気になるということは覚せい剤と同じように危険な成分が入っているのではないかと疑ってみるべきではないでしょうか?
事実は誰も教えてはくれません。
自分で調べないと怖いです。

栄養外来では生活習慣、食生活など患者さんからじっくりとお話を伺い症状の原因がどこにあるのかを探るカウンセリングを行っています。

なぜ病気が治らないのか?
病気とも診断されないこの調子の悪さはなに?
我慢や忍耐力がないわけではありません。
病気とは診断されなくてもからだにはしっかり異常があります。

それを心の病と勘違いしてしまうことも多いです。
そんな原因を見つけてみませんか?

まずは無料相談まで♪

お問合せ・セミナー申し込みはこちらから

おすすめの記事