BLOGブログ

ブログ

情報の選別 コロナで難聴?

流れてくる情報はスポンサーによって都合の良いように手を加えられている可能性があります。

今朝テレビ(時計がわりにしている)で報道されていたことです。

【コロナは耳のトラブルに注意!】
突発性難聴になるというものです。

突発性難聴の一番の原因はストレスです。
コロナだからと言って難聴が引き起こされるのではなく
コロナの影響で受けた大きなストレスで難聴になりやすいのが本当のところです。

コロナでなくても受験や就職、大きな生活の変化があった時、
免疫力も下がって難聴になりやすいわけです。

耳はとてもエネルギーを消費するところです。

ストレスでエネルギーを使い果たし作れない状態になった時
免疫力低下や
体が冷えたり疲れやすくなったり眠れなくなった時

難聴は起こりやすくなります。

副腎疲労状態の場合に起こりやすくなるということです。

コロナのウイルスが直接影響しているわけではありません。

難聴の原因はヘルペスウイルスとも言われています。
ヘルペスウイルスはもともと体に潜んでいて(水疱瘡のういるすです)
免疫力が落ちると口唇ヘルペスや帯状疱疹などの症状が出てきます。

子供の頃に水疱瘡にかかったとしても免疫は高齢になれば落ちてきます。
しかし、子供と接する職業の大人であれば子供から再感染して(症状は滅多に出ません)
再び免疫を獲得するので帯状疱疹にかかることも少ないです。

コロナで注意すべき病気の一つが難聴た耳鳴りということです。

免疫力が落ちて入ればどんな病気にでもなる可能性があります。

免疫力は生まれながらに備わっているのではなく育てて行くもの!

アトピーや花粉症についても免疫を育ててこなかった結果で発症することもあります。
ここには免疫寛容という素晴らしい体のシステムがあるのです。

コロナでも免疫力をしっかり育ててきて入れば恐れることもなかったんです。

医療機関は病気を治すところであって健康過ごす方法や免疫力を高めることについて
教えてくれるところではありません。

10月より【病気の時の栄養療法】という講座を始めます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/b818h

初心者から学べる講座となっていますので
難しく継続し難い内容ではありません。

 

close

ブログの購読登録